テーマ:陶芸

初窯 (カンボジアの思い出)

 去年の暮れから年越しでカンボジアへアンコールの遺跡を見に 行って来た。 以前から一度は見ておきたかった世界遺産。規模も大きく、又彫刻も 素晴らしかった。もう一度こんどはゆっくりと時間をかけて訪れたい所である。    去年の11月に初窯用に作り乾燥してきた花瓶。 カンボジアの思い出を描いて作品…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

岐阜「森の美術」で陶芸展

陶芸展 今年も開催します。「美術の森」の陶芸教室の陶芸展。 10月27日(土)~11月6日(火) 1年間かけて作られた力作が並びます。 今年は「森の食卓」陶芸展 かわいい陶人形やすてきな食器類が沢山 是非見に来てくださいm(_ _)m
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美術の森 「森の陶芸展」

食欲の秋、芸術の秋! 岐阜本巣市にある美術の森の陶芸教室の生徒の 作品を展示する「森の陶芸展」が開催されます。 富有柿も収穫されはじめ本巣縦貫道の店頭に並び いよいよ秋本番。柿の帰りにチョット寄り道して 陶芸作品を見ていってください。 私の作品も展示しています(^o^)。 場所・・・岐阜県本巣市宗慶557-1 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

陶芸 今年の新作2題

今年になってから作った2題の腕   1作目は「 蒲のある風景(冬) 抹茶腕 」 湖北にコハクチョウを見に行った時、蒲の穂が風にほどけて 吹かれてとても印象に残ったのを器にしてみました。 黒御影に土に蒲を描き、志野釉をかけました。   2作目は「 南天  茶漬け腕 」 いつも田舎で正月を迎えていますが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「森」の陶芸展

 陶芸教室へ通いはじめて2年半になりました。 まだまだ判らないことが多いのですが、何とか 曲がりなりにも、自分のイメージするものを作れる ようになりかけました。  陶芸教室ができて約3年がたち、今回初めての 作品展を催すことになりました。最近入った4ヶ月の 人~3年の人までとまだまだ未熟な私たちですが それなりに気合い…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

初夏 伊吹山070508

陶芸作品 「初夏 伊吹山070508」 伊吹山に植生調査に出かけ最後のほうで見かけた ヤマルリソウ、アケビがとても可愛くてお茶碗に 描いてみたくなりました。 ヤマルリソウのお茶碗です。 アケビのお茶碗です。 そして一応描いている花は違いますが 夫婦茶碗として作りました。
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

花瓶です。

陶芸作品がまた出来上がりました。 「 (野草のための) 花瓶 」です。 散歩にいってヒメジョンやギシギシなど野草を 見つけたら摘んできていけようかなと思って 作りました。 これからは散歩も益々楽しくなりそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「 野草の茶碗」

野山を散歩するのが好きです。野草を見るのが好きです。 私は山登り、山歩きはしません。山でも散歩です。 ゆっくりと花を眺めながら歩きます。 陶芸作品は散歩で見た花を器に描きます。 今回は色が濃く出ましたが、奥美濃で春であった。 ミヤマカタバミやアマナ、キジムシロを描きました。 3客ではありません。1…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ひるがのの思い出初夏 ザゼンソウ」

去年はミズバショウを作ってみた。 今年はザゼンソウを作ってみました。 どう、なかなか良くできていると自己満足しています。 色も形も気に入っています。中の黄色いのは「お香」です。 香炉として作成しました。 「癒しのザゼンソウ」です。 お香に火を入れるとこんな風になります。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「 春の茶碗 」

 春の茶碗が焼き上がった。 妻と二人の娘が使うのにと少し小振りのお茶碗。 絵柄はセツブンソウ、オウレン、庭の花 オウレンの絵柄は薄かったのか巧く現れてくれなかったが まあ・・・明日から使ってくれそうです。  この三題も自己満足ということで(*^_^*) 今度は夏に使うお茶漬け碗は良いものを作るよ。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「春の皿」二題

 「 春の皿 」二題が焼き上がってきました。 白御影に織部釉をかけたものと黒御影に透明釉をかけたもの どちらも春らしく仕上がったと自己満足(*^_^*)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花器「春」

 去年暮れに作った作品です。 正月に花を生けようと思ったのですが 間に合いませんでした。花器「春」 木立の中は暖かな春をイメージ下のですが お日様が赤すぎたようです。    正面    背面    中1    中2
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年のキャンドル

今年も去年に引き続いてキャンドルを作りました。 きょう出来上がってきました。「森の中の家」 以外とメルヘンな出来に仕上がったと思っています。 火を入れるとこんな風になります。 バックで明かりがともっているのは去年作った キャンドルです。電気の照明を消して見ると こんな風になります。 今年…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ツワブキの茶碗

暮れになると我が家の門の松の木の下に ツワブキの花が咲く。好きな花の一つで 毎年、開花するの楽しみにしている。 今年もいま満開で黄色い花を咲かせていて 外出するとき、帰ったとき観るのが楽しみです。 下の娘が11月生まれなのでプレゼントにと ツワブキの茶碗を作っていたのですが少し遅れた プレゼントになりました。でも気に入って…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

落ち葉の湯飲み

11月始めに三島池に行ったとき水面に浮かぶ ナンキンハゼの落ち葉が2枚重なり、恋人たちが 優しく寄り添っているかのようでした。 この情景を湯飲みに描いてみました。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花器「たちどころ」

伊吹山3合目からの帰りに見たタチドコロ 杉の木にまとわりついて暗い中で西日を受けて 輝いていました。雑草です。でも疲れた足で 林道をテクテク下ってきた実には爽やかに 心をいやしてくれる雑草でした。 花器をつっくたらどの花よりもこのタチドコロを 描いて見ようと決めやっと作品が出来ました。 花器「たちどころ」です。 山野草や…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

二十歳の誕生日に

 今日は上の娘の誕生日 この日のためにと作った絵皿をプレゼント。 乙女座の星々を描いて周りにシンボル マークを入れて娘のために。 二十歳の記念日のプレゼント。 妻は妻で小さな宝石入れを陶芸で作って その中にネックレスを入れてプレゼント。 どちらも世界に1点しかない気持ちのこもった ものです。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

陶芸作品 「ひるがの高原湿原の思い出 夏 (水盤)」

 いつも土を練りながら何を作ろうかと考える。 前もって今度は何を作ろうとか考えるのが下手で いつも土をこねながら出会った花や思い出の場所が 頭に浮かぶ、浮かんだものを皿にしようか碗にしようか 水盤にしようかなどと形を考える。行き当たりばったりの 陶芸です。これからは前もって作品のイメージを考えて スケッチして作ろうかと思って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸作品 「であいの森の思い出 夏椿」

 高山市荘川の「であいの森」で出会った夏椿 今年も6月に2回訪れたのですが花に出会えませんでした。 去年、はじめてこの森で夏椿の花に出会うことが出来感激 その思い出を陶芸作品にしてみました。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

陶芸作品 「朝顔の蕎麦猪口」

 夏です。 冷や麦、そうめん、ざるそばが食べたくなる時期です。 今回の作品は朝顔の形で蕎麦猪口と薬味入れを 作ってみました。赤い朝顔はベンガラでアオイのは ゴスで釉薬は白マットで、淡い色の朝顔の蕎麦猪口が できあがりました。薬味入れは朝顔の葉を形に作って 見ました。ネギ、ごま、ショウガ、きざみのりが載るように しきりをもう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「カタツムリ」(蚊取り線香置き)

 蚊のでる季節になりました。ブタさんやネコさんの 蚊取り線香置きはよく見かけ我が家でも使っていますが 渦巻き線香なら渦巻きのあるものでと思い、こんかいは 「カタツムリ」を作ってみました。  蚊が入ってくる玄関に置くと蚊の退治にもなるし 梅雨から夏場の玄関の置物にもなる。 カタツムリにしては大きすぎてグロテスクにならないかと …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸作品 「奥美濃の初夏(ミズバショウ)」

 「奥美濃の春」ほ織部釉で水面を表現してみたが 今回はトルコブルーで表現してみました。 ミズバショウは毎年ひるがの高原に見に行きます。 また、白川郷や荘川にも足を運んで見に行きます。 初夏の思い出となると一番先にミズバショウがでてきます。 とくに白川郷の大窪沼には家族で毎年のようにお弁当持ちで 出かけたので思い出が深く、清ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸作品「リュウキンカ(郡上の思い出9

 4月郡上で見たリュウキンカを陶芸で作ってみた。 水面を巧く表したかったのだが、難しかった。 でも、まあ本人はそれなりに満足していて、懲りずに いま「ミズバショウ(ひるがのの思い出)」を作成中である。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トンボのいる水盤

 陶芸教室に通い始めて1年がたち 2年目に入りました。1年目最後の 作品が焼き上がってきました。 題名「トンボのいる水盤(湿原)」 よく行く米原市の「小さな湿原」の 思い出を形にしてみました。 トンボの羽が何回かちぎれ落ち ましたが、自分なりには気に入った 作品にできあがりました。  これからもいままで出会った花や …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸作品(春)

 陶芸作品(春) 去年の暮れから今年の初めにトルコブルーの コーヒーカップ&ソーサーを作った。 以外と明るいトルコブルーなので呉須で下から 上に向けてグラディーションにして見たら結構 いい感じになり最近はのこカップでコーヒーを 飲んでいます。 抹茶椀に絵付けをしようと題材を考えて居たところ 去年の暮れに飾って…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

キャンドル

「花と蝶のキャンドル」がクリスマスに 間に合いました。 付けた蝶の小さいのが落ちが何とか 釉薬でつきました。 ロウソクに火を入れると 照明を消すと やっぱりロウソクの明かりは見て…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

サギソウの鉢

少し大きめの角鉢を作ってさて何を描こうかと考え いつものように最近会ってきたサギソウを四隅に 描いた。  絵付けをするときはその時期に出会った野草を 描いています。前もってデッサンでもしてきたら もう少しは巧く描けるかなと思いながらいつも頭の中に ある印象で描いてしまう。 黒天目に四隅のサギソウを白マットで浮かび上がらせ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

50の手習い陶芸2

ゆっくり陶芸教室で作っているので作品に 仕上がるのは遅くなり、季節がずれてしまう時も ある。先日、ヤマボウシの皿が焼き上がってきました。 たたらで作った皿ですが花の部分を掘って違う土を 入れ花の部分は白マットで葉っぱは織部で全体は 黄瀬戸で仕上げました。 ゆっくり作ったお気に入りの刺身皿
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

50の手習い陶芸

 今年の4月から陶芸教室へ通い始めた。 50の手習いである。見るとやるとは大違い! 簡単に出来ると思っていたが、土をこねるの さへ巧くできなかった。最初は手びねりで 湯飲みと茶碗を作ったが出来上がった物は ため息落胆物であるが、はじめて作った作品 大事に棚に飾っています。  次に作ったのが、たたらで5枚組の皿ですが 乾…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more